ホーム  >  不動産取引の流れ

不動産取引の流れ

1.物件のご紹介(物件概要書の説明)
  1. 物件概要書、登記簿謄本、公図、地籍測量図をお渡し致します。
  2. 物件の売買価格の説明
  3. 登記簿謄本の内容説明
  4. 物件に対する規制内容。電気、ガス、水道、廃水処理の説明。分譲地の負担金に関する説明を致します。
次へ
2.物件の現地確認
現地にご案内し、物件をよく確認して頂きます。

  1. 土地であれば境界、地勢及び周辺環境の確認をして頂きます。
  2. 建物であれば建物の状況や付帯設備について物件状況確認書に基づき説明を致します。
次へ
3.ご購入が確定されましたら
  1. 売買金額の再確認。
  2. 契約日、決済日、決済方法の確認。
次へ
4.売買契約の成立
  1. 重要事項説明書、売買契約書の説明。
  2. ご納得頂いた上で、売主、買主記名押印。
次へ
5.契約の履行
契約の内容通り売主、買主が債務を履行する。(買主は、売買代金支払の履行。売主は、売買物件の所有権移転登記の履行をする。)
以上で取引の完了となります。

ページトップへ