ホーム  >  スタッフブログ

「スタッフブログ」の記事一覧(191件)

マンションの買取を依頼する際の注意点をご紹介!
カテゴリ:お役立ちコラム  / 投稿日付:2021/08/03 06:00

「マンションの売却を行いたいが何から始めれば良いかわからない」「気を付けておくべきことは何だろう」
とこのようにお悩みの方は多いのではないでしょうか。
そこでここではマンションの買取を依頼する際の注意点や流れについて紹介します。
お悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

□マンションの買取の流れについて知っておこう!

マンションを売却する方法には仲介と買取の2種類の手段があります。
マンションの買取とは直接不動産会社にマンションを購入してもらう方法のことを指します。
売却となるとまずは買取の流れを知っておく必要があります。
そこでここでは買取の流れについて紹介します。

*情報収集

マンションの買取には事前の情報収集がとても大切です。
買取には必要な書類があり手元に用意しておかなければいけません。
項目は6項目に分かれており、すべて市役所で取得できます。

*査定の依頼

情報収集をしてマンションの相場を確認した後は不動産会社に査定の依頼をします。
自分の売りたいマンションはいくらで買い取ってもらえるのかを把握しておきましょう。

*業者選び

査定の価格が決まったら査定を依頼した業者の中から買取をしてもらう会社を決めます。
買取では業者によって変わってきてしまうので自分の意見が反映される業者を選ぶと良いでしょう。

*契約と決済

業者を選び終えたら契約内容を確認します。
契約の日には業者と一緒に内容を確認するので疑問がある場合にはしっかりと疑問を解消しましょう。
買取契約を締結すると売却金額が売主へ振り込まれます。
お金を振り込んでもらうタイミングは業者との交渉によって変わってくるので早急にお金が必要な場合には相談をしてみましょう。

□買い手が見つかりにくく、注意が必要なマンションとは?

次に本来ならば買い手が見つかりにくく注意するべきマンションを紹介します。
裏を返すと、買取をおすすめするマンションの特徴でもあるので、当てはまっている方は買取をご検討ください。

1つ目は1981年の6月1日以前に建築確認申請が受理されたマンションです。
これは、耐震基準が古いので、震度7などの強力な地震を受けた際に倒壊する危険が高いです。
また、築年数もたっているので、設備にも不具合が生じている可能性があります。

2つ目は状態がかなり悪いマンションです。
例を挙げると、大量のゴミが放置されている場合や、ペットの飼育で汚れがひどい場合は、買い手が付きにくいです。

以上のマンションは仲介での売却を期待しにくいので、買取を検討しましょう。

□まとめ

今回はマンションの売却を依頼する際の注意点について紹介しました。
お悩みの方はぜひ1度当社にご相談ください。

転勤が決まった場合一戸建てをどうする?売却する場合をご紹介
カテゴリ:お役立ちコラム  / 投稿日付:2021/07/30 06:00

「転勤することになったけど、一軒家をどうするか悩んでいる。」「一軒家を高く売るためにはどうすれば良いのか知りたい」
このようにお考えの方がいらっしゃると思います。
転勤になると、一軒家を維持することが難しいかもしれません。
そこで今回は、転勤になった場合の一軒家の売却方法と高く売却する方法をご紹介します。

□転勤になった場合の期間別の一戸建ての対応方法を紹介

転勤になった場合、一戸建ての持ち家をどうするか悩む方が多いでしょう。
そのような場合は、転勤年数ごとに考えるのが良い対応です。
ここでは、それぞれの年数ごとの対応の仕方をご紹介します。

*1年以内に戻ることが決まっている場合

1年以内に戻る可能性がほぼ無い場合に、一戸建てを売却してしまおうと思う方は少ないでしょう。
また、貸し出すとしても1年間という短い時間を借りる人はいないでしょう。
もしも見つかったとしても、長期間住むわけでは無いので家賃が安くなってしまいます。
それに、クリーニング代もかかります。

そのため、この場合は空き家のままで残しておくのが良いでしょう。

*3年以内に戻る可能性が高い場合

次は、3年以内に戻る可能性が高い場合の対応方法です。
転勤になった時に、住まいが気に入らない場合は売却しても良いでしょう。
また、貸し出す場合は、3年なので住む人は見つかるかもしれません。

しかし、住宅ローンがある場合には注意しなければなりません。
住宅ローンは、お金を借りている人が自身で住むためのものなので、契約違反になってしまう可能性があります。
その場合の対応方法として転勤がある場合は、あらかじめ銀行に相談しておくことで認められることもあります。

*戻る可能性が低い場合

最後に、転勤先から戻る可能性が低い場合です。
このような場合には、売却を行うのが最も良いでしょう。
転勤先でも、住んでいない一戸建ての住宅ローンや都市計画税、固定資産税がかかります。
そのため、できるだけ早く売却する事をおすすめします。

□転勤をする際に一戸建てを高く売る方法を紹介

できるだけ高い値段で売却を行うには、地元の不動産会社に依頼するのが良いでしょう。
そのエリアに強い業者に依頼することで、好条件で買い取ってもらえるかもしれません。
徳島から転勤される際は是非当社へご依頼ください。

□まとめ

今回は、転勤になった場合の一軒家の売却方法と高く売却する方法をご紹介しました。
売却する場合は、何年間転勤先に行くのかによって対応方法が異なります。
この記事が参考になれば幸いです。

実家を売却する際にかかる税金をご紹介!
カテゴリ:お役立ちコラム  / 投稿日付:2021/07/26 06:00

「住まなくなった実家を売却したい」「実家を売却する際にかかる税金を知りたい」このようにお考えの方がいらっしゃると思います。
税金に関することは少しとっつきにくいと感じるかもしれません。
そこで今回は、実家を売却する際に必要になる税金に関してご紹介します。

□実家の売却で必要になる税金を紹介

実家を売却する際には、さまざまな税金が発生します。
では、支払わないといけない税金の種類とは何があるのでしょうか。

*売却の契約を行う際にかかる印紙税

領収書や契約書などの文書には印紙税が発生します。
これは、物件の取引だけにかかるものでなく、物件の取引以外にもかかる税金です。
実家の売却を行った場合にも印紙税は課税されます。
この場合、売主と買主がそれぞれ印紙税を負担します。

印紙税の納税方法は、印紙税相当額にあたる収入印紙を購入し契約書に貼り付けると言うものです。
また、印紙税として納めなければならない金額は、契約書に記載されている金額によって決まりますが、令和4年3月31日までに作られる不動産売買に関する契約書は軽減されます。

*実家の売却を行って利益を出せた場合に必要な所得税と住民税

この2つの税金がかかるかどうかを確かめる場合には、まず利益を生み出せたか判断する必要があります。
計算式としては、譲渡価格から所得費と譲渡費用を引いた金額がプラスの場合は利益が発生したことになります。

□確定申告をしなければならない場合を紹介

つぎに、売却した際に確定申告を行わなければならない場合についてご紹介します。

1つ目は、実家を売却した際に利益が発生した場合です。
上記でもご説明したように、譲渡税は住民税と所得税にプラスされる形で課税されます。
そのうち、所得税の上乗せ分を納付するために、確定申告を行います。

2つ目は、実家を売却する際に利用できる特例を行使して売却した場合です。
特例には以下のものがあります。

・居住用財産を譲渡した場合の3000万円の特例
・所有期間が10年超の不動産を譲渡した場合の軽減税率の適用
・居住用財産の買い替え特例
・空き家売却の特例

これらの特例は、「控除」のため、利益が発生したことに変わり無いので確定申告が必要です。

□まとめ

今回は、実家を売却する際にどのような税金を支払う必要があるのかを解説しました。
売却する際に発生する税金としては、契約時にかかる印紙税、売却利益がある場合は所得税と住民税がかかります。
また、今回ご紹介したように確定申告が必要になる場合もあるので注意が必要です。

マンションを資産としてお考えの方へ!売却価格と築年数の関係もご説明
カテゴリ:お役立ちコラム  / 投稿日付:2021/07/22 06:00

「マンションの売却価格には築年数が影響するのかな」
「不動産売却がよくわからない」
とこのようにお悩みの方は多いのではないでしょうか。
そこで今回はマンションの売却価格と築年数の関係について紹介します。
マンションを資産としてお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

□築年数と売却価格の関係性とは?

マンションの価値は築年数が増えるにつれて価値が下がってしまいます。
そもそもマンションには法律で法定耐用年数があり、その耐用年数に近づくにつれて劣化が進みます。
日本は新築が良いという志向が海外から見ても高く、中古住宅の需要が低いのです。
ここではマンションの売却価格と築年数の関係性について紹介します。

*5年以内

築5年以内のマンションは新築とほとんど変わらない価格で売り出せています。
また、立地が良ければ新築よりも需要が高まり高い価格で売却が可能です。
しかし、築5年以内にマンションを売り出すケースは珍しく市場に流通している数が少ないです。

*10年程度

築10年程度のマンションはそこまで建物へのダメージがないので売却価格の下落幅が小さいです。
そのため買い手に人気が高いのが特徴です。
一方で市場に多く出回るためライバルとの価格競争が激しくなってしまいます。
価格設定を強気に設定してしまうとなかなか成約につながらないでしょう。

*20年程度

築年数が20年程度のマンションは資産価値の下落スピードは緩やかです。
査定の幅はリフォームをやっているかやっていないかによって変わってきます。
大規模なメンテナンスを行っている場合では価値が下がることを押えられます。

□不動産売却の主なパターンについて知っておこう!

1つ目は相続の対策です。
相続対策として不動産を売却する場合があります。
不動産を所有している場合は相続の時に被相続人に対して多額の相続納税義務が起こります。

さらに財産分割が難しい場合では不動産の相続で家族間トラブルに発展するリスクもあるでしょう。
そのためにも生前に売却して分配しやすい現金へ戻しておくことが対策です。

2つ目は債務整理です。
自己破産や任意整理などを総称して債務整理と呼びます。
住宅ローンを返済しきれずに滞納し続けると、債務整理が必要な場合があります。
ここで注意しておきたいことは早めの対応を行うべきであるということです。

□まとめ

今回はマンションの売却価格と築年数の関係について紹介しました。
マンションの資産でお悩みの方はぜひ1度当社にご相談ください。

一戸建ての買取相場を知る方法とは?
カテゴリ:お役立ちコラム  / 投稿日付:2021/07/18 06:00

一戸建ての買取依頼をご検討中の方はいらっしゃいませんか。
そのような方の中で、「一戸建ての売却相場を知りたい」「相場を調べるときに何に注意するべきなのか知りたい」と考えておられる方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、一戸建ての売却相場の調べ方やその際の注意点をご紹介します。

□一戸建てを売却する際に必要な相場を知る方法をご紹介

調べ方をご紹介する前に、一戸建てを売却する際の基礎知識として、売却価格と築年数との関係をご説明します。
一戸建てを売却する際に最も気になるのが、どの程度の売却価格になるかどうかということでしょう。
その際に、価格を最も左右すると言っても良いのが築年数です。

一般的に、木で作られている一戸建ては築20年程で新築の状態の価格から10パーセント~20パーセントまで低下します。
築30年を超えた一戸建ての場合は、価格がさらに下がってしまいます。
そのため、このような建物が立っている家と土地がセットの場合は、ほぼ土地の価格で売却されていることが多いでしょう。

次に、相場を知るための方法をご紹介します。

一戸建ての相場を知る方法には、不動産取引価格情報検索があります。
こちらは、国土交通省が行っているサービスです。
不動産の取引当事者にアンケート調査を行って、不動産が特定できないようにし、不動産取引価格情報を公表しています。
データは、3ヶ月ごとに集計されているので新しい情報を得られます。

□相場を調べる際の注意点を説明

ここからは、売却相場を調べる際に注意すべきことについてご紹介します。

*成約価格だけで判断しない

相場の参考にすることが多い成約価格は、建物と土地を足した価格が表示されています。
そのため、土地の広さや立地によって売却価格が大きく変わってしまいます。
また、表示されている価格が成約価格と売り出し価格のどちらであるのかもしっかりと調べることが重要です。

*目安として見ておく

相場価格は、大まかなものなので目安程度だと思っておいた方が良いです。
しっかりとした査定を行う際は、とても細かなところまで見て金額を出します。
そのため、細かな箇所を見ると大きく変わってしまう可能性が大きいです。

□まとめ

今回は、一戸建ての売却相場の調べ方やその際の注意点をご紹介しました。
売却相場は、該当の物件の築年数によって大きく左右されます。
実際に調べたい場合は、不動産取引価格情報検索で調べられます。
今回ご紹介した注意点も気に留めながら調べてみてはいかがでしょうか。

実家の買取をする際の注意点とは?プロがご説明します!
カテゴリ:お役立ちコラム  / 投稿日付:2021/07/14 06:00

実家の売却をご検討中の方がいらっしゃるでしょう。
実家は子供の頃から過ごした家なのでさまざまな思いがあるでしょう。
そのため、後悔してしまうこともあるかもしれません。
そこで今回は、実家を売却する際の後悔例と売却する際の注意点を紹介します。

□実家の売却を行うときの後悔例を紹介

ここでは、実家の売却を行った際の後悔例を3つご紹介します。

1つ目は、依頼する不動産会社選びを失敗してしまった例です。
実家を売却するにあたって、依頼する不動産会社の選び方はとても重要です。
売却に関することをほとんど担うのは、不動産会社です。
そのため、依頼した不動産会社の能力次第で最終的な売却価格や期間が大きく変わります。

2つ目は、高めの査定価格をそのまま信じ込んでしまう例です。
売却をされる方は、誰しも少しでも高く売りたいと考えるでしょう。
そのため、思ったよりも高めの査定額だと嬉しくなります。
しかし、それらの査定結果が全てあっているかはわかりません。

査定価格は実際にその値段で売却されるわけではありません。
そのため、査定結果は売り出し価格を決める際の参考にするのが良いでしょう。

3つ目は、建物に適した契約を結べなかった例です。
媒介契約には主に、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」があります。
これらそれぞれに、契約に適した場合があります。
そのため、それぞれの媒介契約の特徴を把握した上でその場合に適したものを選ぶのが重要です。

□実家を売却する際の注意点を紹介

ここからは、売却する際の注意点をご紹介します。

*実家を売却する場合にかかる税金

実家に限らず、不動産を売却する際にはさまざまな税金が発生します。
例としては、登録免許税、印紙税、仲介手数料に対する消費税などが挙げられます。

*売却した後の住む場所を早い段階で決めておく

契約が成立すると自宅を手放すことになる可能性があります。
そのときに、住む場所が決まっていないと、ホテルなどを借りなければならなくなる場合もあります。
このような事態にならないためにも、早めに住む場所を決めておくと良いでしょう。

□まとめ

今回は、実家を売却する際の後悔例と売却する際の注意点を紹介しました。
失敗例としては、不動産会社選びや適した契約を結べないことなどが挙げられました。
注意点としては、税金に関することや事前に移住先を決めておくことなどが挙げられます。
当社では、不動産の買取を行なっておりますので、ぜひ当社までご相談ください。

一戸建てを売却する際の査定のコツをご紹介します!
カテゴリ:お役立ちコラム  / 投稿日付:2021/07/10 06:00

一戸建てを売却するなら、高額な金額で売却したいですよね。
今回は一戸建てを売却する際の流れと査定のコツを紹介します。

□一戸建てを売却する流れとは?

最初に一戸建てを売却する方法を紹介します。
売却する手順は主に5つのステップに分けられます。

1つ目は売却に必要な準備を行うことです。
2つ目は不動産会社と契約することです。
3つ目は一戸建てを売却する際の戦略を決定します。

4つ目は売却活動を行います。
5つ目は購入者と契約を結び、引き渡します。

つまり、売却の段階を大きく分けると、売り出し前、売り出している段階、売却した後の3つに分けられます。

そして、これらのステップに必要な期間は短くて3か月かかり、中には11か月必要な場合もあります。
そのため、引っ越しの日が決まっているなら、早めに行動する必要があるのです。

□一戸建てを売却する際のコツとは?

一戸建てを売却する際に気を付けるコツを紹介します。

1つ目は権利関係の確認です。
一戸建てを売却する前に、土地の権利関係が明確になっているかを確認します。
権利関係の例は境界線や所持者などが挙げられます。

これは、土地測量図や境界確書などで確認できます。
土地の範囲が明確でないと、売却後にトラブルになる可能性があります。
仮に境界線があいまいである場合は、接している土地の所有者と協議して測量図を作る必要があります。

2つ目は建物部分の劣化を確認します。
築年数を重ねると、どうしても劣化が進行します。
特に多いのが雨漏りやシロアリです。
気づきづらいので要注意です。

3つ目は契約不適合責任を知っておきましょう。
売却する際に欠陥や不具合がある場合は事前に伝えておき、それを納得して契約を行う必要があります。
故意でなくても、欠陥を伝えない場合は売却した側の責任なので、売却前に把握しましょう。

4つ目はリフォームの有無を知らせるような書類を用意します。
新築の場合は手元に、中古や親から受け継いだものの場合は、過去の履歴をたどりましょう。

5つ目は築年数によって戦略を変えることです。
築年数が30年以上たっている場合は、修繕をせずに価格を下げたり、更地にして売ったりする戦略が必要です。

6つ目は資金とスケジュールを把握することです。
新しい住宅の購入と現在の住宅の売却はどちらを先にすると良いのでしょうか。
それは、資金に余裕がある場合以外は先に現在の住宅を売却してから新しい住宅を購入する方法をおすすめします。

以上の6つが査定の際にスムーズに進めるためのコツです。
是非参考にしてください。

□まとめ

今回は一戸建てを売却する際の流れと査定のコツを紹介しました。
この中でも権利関係や契約不適合責任はトラブルのもとになるので、特に注意していただきたいです。

転勤の予定がある方へ!マンションの売却方法を紹介します!
カテゴリ:お役立ちコラム  / 投稿日付:2021/07/08 06:00

転勤を機にマンションを売却する方は多いでしょう。
マンションの売却は不動産会社を選ぶところから、引き渡しまで3ステップで行われます。
また転勤後に売却することで、内覧会が成功しやすかったり、価格が下がりにくかったりします。
そこで今回は、転勤を機にマンションを売却するステップやメリットを紹介します。

□マンションの売却の流れとは

マンションを売却する際の流れを把握しておくとスムーズに売却できます。
ここでは、その流れを分かりやすく3ステップで紹介します。

1つ目のステップは、不動産会社を選ぶことです。
まずマンションを売り出す前に、売却者と買い手を仲介する不動産会社を選ぶ必要があります。
この際の会社選びはとても重要なので、失敗しないようにしましょう。

2つ目は、買い手を探して内覧の対応をすることです。
不動産会社を選んで販売価格を決めたら、マンションの売り出しが始まります。
この際に不動産会社は買主を集めるため、チラシの作成などを行います。
また購入希望者には内覧対応もして、条件が整えば売買契約をできます。

中古の不動産は、買主にとって内覧ができるのが強みです。
そのため、内覧前に玄関を綺麗にするなどのメンテナンスをしましょう。
それにより、買い手への印象が良くなります。

3つ目は、引き渡しです。
無事に売買契約を結べたら、実際にマンションの引き渡しを行います。
その後に確定申告を済ませると売却が完了します。

□転勤後にマンションを売却するメリットとは

マンションの売却は転勤後にした方が良いのをご存知ですか。
ここでは、転勤後に行うメリットを2つ紹介します。

まずは、内覧会が成功しやすいことです。
転勤前は物件に所有者が住んでいる状態で購入希望者が内覧します。
そのため、生活感があることで印象が悪くなる可能性があり、これが原因で価格が下がったり売却が決まらなかったりするでしょう。

しかし転勤後であれば、すでに所有者は引っ越していますよね。
したがって、このような心配はありません。

次は、価格が下がりにくいことです。
「転勤前に不動産を売却する」と決めることで、時間に余裕がなくなります。
それにより、売却価格が安くなりがちです。
しかし転勤後なら余裕をもって売却活動ができるので、不動産の価格を下げずにその後の生活資金を多く残せるでしょう。

□まとめ

今回は、転勤を機にマンションを売却するステップやメリットを紹介しました。
マンション売却は主に3ステップで行われます。
また転勤後に売却することで、価格が下がりにくかったり、内覧会が成功しやすかったりするメリットがあります。
不動産売却をしようか迷っている方は、当社までお問い合わせください。

不動産売却について解説します!資産整理をする時の参考に!
カテゴリ:お役立ちコラム  / 投稿日付:2021/07/04 06:00

資産整理で不動産を売却しようとお考えの方は多いのではないでしょうか。
不動産を売却する際は、目的を明確にすることが重要です。
また資産整理をする際の売却ケースとして、相続対策や投資目的などが挙げられます。
そこで今回は、資産整理で不動産を売却する際のポイントや売却ケースを紹介します。

□資産整理で不動産売却をする際のポイントとは

資産整理により不動産を売却する時に重要なポイントをご存知ですか。
それは、売却する目的を明確にすることです。
目的がハッキリすることで、正確な判断に繋がります。
それにより、時間をかけてでも高値で売却するのか、価格は安くなるが早く売却するのかなどをスムーズに決められます。

□資産整理のために行う不動産売却について

資産整理のために不動産売却を行う方は多いのではないでしょうか。
ここでは、その際のケースを3つ紹介します。

まずは、相続対策をする場合です。
これを理由に不動産売却をお考えの方は、売却以外の対策もあるのか幅広く検討しましょう。
相続が関連した不動産売却は、相続に関わる全員が売却に同意しているかが重要です。
また、売却時期を早める必要性も含め話し合う必要があるでしょう。

次は、投資目的の場合です。
この場合の多くは、価値が上がることで売却を考えるケースです。
特に都心部では、高値で売却できる可能性があります。
しかし物件の状態や立地によっては、希望の価格にならないこともあります。

また売却をする時期を見極めることも重要です。
まずは不動産会社に査定を依頼して、おおよその売却価格を把握するのも良いでしょう。

最後は、自己破産などの債務整理による場合です。
この場合は、任意売却や競売の方法で売却することが多いです。
任意売却とは、ローンが完済できない債務者が銀行のような債権者の同意を得て不動産を売却することです。
競売は、債権者が裁判所に申し立てをして、強制的に売却することです。

任意売却は仲介売却と同じくらいの価格で売却できます。
しかし競売は、相場に比べ6から8割の価格で落札されてしまいます。
そのため、状況に応じて売却方法をしっかり選択することが重要です。

□まとめ

今回は、資産整理で不動産を売却する際のポイントや売却ケースを紹介しました。
不動産を売却する際は、目的を明確にすることが重要です。
また資産整理をする際の売却ケースとして、投資目的や相続対策などがあります。
不動産売却をお考えの方で疑問点やご質問がありましたら、お気軽にご連絡ください。

不動産買取をしたい!そのような方にメリットとデメリットを解説します!
カテゴリ:お役立ちコラム  / 投稿日付:2021/06/30 06:00

不動産買取のメリットやデメリットをご存知ですか。
メリットはスピーディーに現金化できたり、周りに知られずに売却できたりすることです。
一方でデメリットは、仲介に比べ売却価格が安くなることです。
そこで今回は不動産買取をお考えの方に、メリットとデメリットを詳しく紹介します。

□不動産買取のメリットとは

不動産買取には様々なメリットがあるのをご存知ですか。
メリットを把握しておくとスムーズに売却できますよ。
ここではメリットを4つ紹介します。

1つ目は、仲介手数料がかからないことです。
不動産買取は仲介ではありません。
そのため、仲介手数料がかからないことは大きなメリットと言えるでしょう。

2つ目は、スピーディーに現金化できることです。
だいたい売り出しから取引成立までマンションは3から6ヶ月、一戸建ては9から12ヶ月ほどの期間を要します。
価格や地域によってはすぐに売却できたり、反対に1年以上売れない場合もあります。
そのため、転勤や離婚などで早く不動産を手放したい方にお勧めです。

3つ目は、周りに知られずに売却できることです。
不動産を売却していることは、できるだけ周りに知られたくないですよね。
仲介だと買い手を探すために広告をする必要があります。
そのため、インターネットなどで情報が見られる状態になります。

しかし不動産買取ならこのようなリスクがありません。
それにより、売却期間中でも余計な心配をせずに済みます。

4つ目は、内覧の手間を省けることです。
仲介は購入希望者による内覧が行われるのをご存知ですか。
そのため、買主が決まるまで時間と手間が取られます。
それに対し買取は、不動産会社が1度内覧するだけなので、これらの手間が省けます。

□不動産買取のデメリットとは

不動産買取のデメリットは1つです。
それは、仲介に比べ売却価格が安くなることです。
なぜなら、不動産会社が買い取った後に行うハウスクリーニングやリノベーションなどに料金が発生するからです。
そのため、相場の60パーセントから70パーセントの価格になることが多いです。

□まとめ

今回は不動産買取をお考えの方に、メリットとデメリットを詳しく紹介しました。
不動産買取は周りに知られずに売却できたり、スピーディーに現金化できたりするメリットがあります。
その一方で、仲介に比べ売却価格が安くなるデメリットがあります。
不動産買取をしようか迷っている方は、当社までお問い合わせください。

 1 2 3 4 5 >  Last ›

ページの上部へ